なんとなくブログ

アラサーOLの旅行や美容のこと。モノは試しでなんでもトライしてみる!

そうだ、お遍路行こう⑧ 竜馬に見守られて足摺岬へ

お遍路4日目。

 

前日宿泊したゲストハウスの皆さんに「このペースだと回りきれないかもよ?!」という助言を頂いていたので、高知市内の宿で6:00に起きて朝ごはんを頂いた後、桂浜の竜馬さんのところに行こう!

…と思っていたのですが、襖を一枚挟んだ隣の男子部屋に宿泊されていた方の地響きのようなイビキで寝つけず、4:00に宿を出ました。汗

 

6:30 桂浜 竜馬像前

 

f:id:mikkonokoto:20180715200254j:image

駐車場が空いていたのかイマイチ分かりませんでしたが、駐輪スペースにカブを駐車。竜馬さんは海を眺めていました。


f:id:mikkonokoto:20180715200217j:image

The桂浜な景色。

砂浜沿いに遊歩道があったのでウロウロしていたら、ワンちゃんと散歩中のおじいちゃんに話しかけられました。大分朝早かったので、浜には私たちしかおらず、ヤバい系のおじいちゃんだったら嫌だな…(失礼)とドキドキしていたら、某大手電機メーカーの技術職をリタイアするまで、私が住んでる神奈川のお家のご近所さんだったことが判明!一気に距離が縮まりました。笑

f:id:mikkonokoto:20180715200321j:image

おじいちゃんは集団上京で東京に来て、リタイアしてから地元高知に奥様と戻ってきたのだそう。けれでも少し前にその奥様が亡くなられて、今はワンちゃんと暮らしているそうです。このワンちゃん、表情だけでなく気性も穏やかで私が汗だくになるまで遊んでくれました。その後、汗をかいたまま33番寺に向かっていたら、お腹が冷えてOPP\(^o^)/。想定外の時間ロス…涙

 

8:30 33番 雪蹊寺
f:id:mikkonokoto:20180715200305j:image

 

右の石碑の意味が深い。。。

 

9:10 34番 種間寺
f:id:mikkonokoto:20180715200224j:image

誰かが被せたニット帽でキメ坊主。

 

9:55 35番 清瀧寺
f:id:mikkonokoto:20180715200209j:image

 

絶景がありがたや~。

 

10:50 36番 青龍寺
f:id:mikkonokoto:20180715200313j:image

 

石段がかなり急で高さがあるため、バスツアーのみなさんは登り切った後バテててました。汗

 

14:00 37番 岩本寺
f:id:mikkonokoto:20180715200244j:image

写真右にある本殿の真横を電車が通過するという面白寺。電車が通る瞬間を撮りたかったのですが、本数が少なく…先を急ぎます。

 

次の38番 金剛福寺は四国最南端の足摺岬にあり、37番 岩本寺からは約100㎞。今日中に間に合うかどうか微妙だな…と思ったのですが、昨日のゲストハウスで「足摺テルメというホテルが良い」という話を聞いていたため、いずれにせよ今日中に足摺岬に向かうことを決意し、じゃらんでnet予約。(このあたりからその日に泊まる宿は15:00までに決めるようにしてたかなー。)

16:00過ぎから本格的に雨が降り始め、安全第一で向かうためにも17:00までの参拝は諦め、日暮れまでに足摺岬に着くことを目標としました。ちなみに足摺岬にコンビニはありませんので、ご注意を!私は素泊まりだったので、手前の清水で食料品を買い込んで向かいました。

 

f:id:mikkonokoto:20180715200231j:image

海岸沿いは一本道。写真のように崖崩れで片道通行になっているところがありました。この信号待ちのカウントダウンに一瞬ドキッとしましたが、ウィリーすることなく無事発進できました。笑(元ネタはこちら:だるまやウィリー事件 - YouTube

 

17:30 足摺テルメ

 

f:id:mikkonokoto:20180715200153j:image

オシャレな海沿いのリゾートホテルでお部屋はオーシャンビュー。お掃除も行き渡っているし、露天風呂から見える水平線が本当に綺麗でした。晴れた夜だったら星が綺麗に見れただろうに…。もし高知に行く機会があるのなら、もう一度行きたいお宿No.1になりました!

 

本日の走行距離213km。このあたりからカッパが手放せない日が続きます。。。

そうだ、お遍路行こう⑦ 美しすぎる寺

お遍路3日目。

翌日から天気が崩れる予報だったので、室戸岬に向けて夜明けから走りました。

 

8:45 24番 最御崎寺

f:id:mikkonokoto:20180620202832j:image

ここに着くまでが海沿いだったので、とっても気持ちよかった♪


f:id:mikkonokoto:20180620202909j:image

こういう風景があると、漁師町って感じがしません??

私がどら猫だったら絶対盗み食いしちゃいます。笑

 

9:30 25番 津照寺
f:id:mikkonokoto:20180620202903j:image

この奥にある階段がなかなかキツかったです(・_・;

 

10:10 26番 金剛頂寺
f:id:mikkonokoto:20180620202940j:image

デカわらじが目印。

 

11:35 27番 新峰寺
f:id:mikkonokoto:20180620202850j:image

f:id:mikkonokoto:20180620212126j:image

山の頂上にあるお寺さん。この日は法事のお知らせが麓に出ていたのですが、

お年寄りが頂上まで辿り着けるとは思えない…

 

13:35 28番 大日寺
f:id:mikkonokoto:20180620202931j:image

お寺までの標識が少なく、かなりの時間ロス。


f:id:mikkonokoto:20180620202837j:image

ただ、お接待で頂いたこのお菓子がとっても美味しかった!

お餅の中に酸っぱ甘い梅ジャムが入ってる感じ。

 

14:35 29番 国分寺
f:id:mikkonokoto:20180620203000j:image

紫陽花の木がたくさんあったので、梅雨時に行ったらインスタ映えするお寺かと!

 

15:15 30番 善楽寺

f:id:mikkonokoto:20180620203450j:image

国道の裏にひっそり建つ控えめなタイプ。

 

16:00 31番 竹林寺
f:id:mikkonokoto:20180620202951j:image

ここは私のお寺の概念を変えた、美しすぎるお寺でした。


f:id:mikkonokoto:20180620202821j:image

庭園とか全然詳しくないのですが、苔の蒸し方が美しすぎません?!


f:id:mikkonokoto:20180620202919j:image

こういう木漏れ日の差し方が芸術的。

あまりに竹林寺が美しすぎて、この日はここでタイムアウト


f:id:mikkonokoto:20180620203037j:image

お昼ご飯を食べそびれていたので、竹林寺の近くにある植物園界隈で豚まんをパクリ。

植物園への期待もかなり高かったけれど、閉園時間が迫っていて泣く泣く諦めました。

 

18:00 かつおゲストハウス
f:id:mikkonokoto:20180620202842j:image

この日は高知で話題のテーマ性のあるゲストハウスに宿泊。


f:id:mikkonokoto:20180620203020j:image

f:id:mikkonokoto:20180620210837j:image
f:id:mikkonokoto:20180620210814j:image

名前の通り、高知名物かつおが至る所に!

元々女将さんのお祖母さんのお家を改装して始めたんだそう。

 

晩御飯は地元で有名とのことで、同じゲストハウスに泊まっていた

歳下の男の子と鍋焼きラーメンへ。
f:id:mikkonokoto:20180620203045j:image
f:id:mikkonokoto:20180620203013j:image

味はまぁまぁでした。

一緒に行った子が家が県内&私が働いている業界が第一希望だったらしく、

夜まで話が盛り上がった記憶が。連絡先は交換しなかったけれど、

同じ業界で仕事したらいつか会う気がしてます。

 

本日の走行距離201km。

この辺りから四国さんが本気を出し始めます…

そうだ、お遍路行こう⑥ 天然ボケDay

大分はてなブログからご無沙汰してしまいました。マイペースに続きを書きますよー。

 

お遍路2日目。昼から天気が崩れる予報だったので、朝6:00にはホテルを出発。13番大日寺での7:00からの納経を目指すため、Googleマップで検索し…

 

4番大日寺に着きました( ゚д゚)

 

過ちに気付いたのは、4番大日寺の駐車場に着いた時でした…バカすぎる!!

以降、お寺の名前ではなく、住所で目的地設定をするようになりました。

 

 8:00 13番大日寺

f:id:mikkonokoto:20180116224703j:image

ここで痛恨の1時間タイムロス。

 

8:30 14番常楽寺

f:id:mikkonokoto:20180116234638j:image

岩の上に立っているロックなお寺。(これが言いたかっただけ)

 

 8:50 15番薬王寺

f:id:mikkonokoto:20180116225751j:image

 

9:15 16番観音寺

f:id:mikkonokoto:20180116225954j:image

 

9:35 17番井戸寺

f:id:mikkonokoto:20180116230114j:image

お寺の隣が神社でした。神様と仏様がご近所さん。

 

徳島駅前を通過し、いざ18番恩山寺!と信号待ちから走り出したところでハプニング。カブのエンジンが掛からない!

キックで入れようとしてもダメ。ひとまず路肩に止め、カブを観察すると…

 

ガス欠やないかー!!( ゚д゚)

 

カブの燃費の良さに完全に安心しきっていたことが仇になりました。しかし、ふと振り返ると100m後ろにガソリンスタンドが!山の中じゃなくて本当に良かった…レギュラー満タンにして、再び走り出します。

 

11:15 18番恩山寺

f:id:mikkonokoto:20180116230538j:image

お大師様、良きタイミングでガス欠にしてくれて、ありがとうございました。お陰で死なずに済みました(マジで)

 

11:50 19番立江寺

f:id:mikkonokoto:20180116231846j:image

 

20番鶴林寺に向かう途中、地滑りしたのか、地層がむき出しな場所があり思わず写真に収めました。

f:id:mikkonokoto:20180116232151j:image

こういう山の見え方がハワイのクアロワランチ(ジュラシックパークの撮影がされたところ)っぽく感じた記憶があります。

 

12:45 20番鶴林寺

f:id:mikkonokoto:20180116232552j:image

ブルースリーが修行をしていそうな佇まいのお寺。この辺りから雨が降り始めましたが、バイク屋さんでレンタルしたカッパを着て、走り続けます。

 

13:30 21番太龍寺麓のロープウェイ乗り場

雨の中スピードを抑えめで走ったため、お昼を食べるタイミングを失っていました。途中に飲食店も無く、ロープウェイ乗り場で束の間の休息。

f:id:mikkonokoto:20180116233052j:image

ハイパーベーシックな温かいうどんが体に沁みました…

 

ロープウェイは西日本最長らしいです。30分に1本程度でなおかつ終了時刻も早いので、注意が必要です。 

f:id:mikkonokoto:20180116233615j:image

f:id:mikkonokoto:20180116233457j:image

 

14:15 21番太龍寺

f:id:mikkonokoto:20180116234222j:image

雨が強くなる前に先を急ぎます。

 

15:25 22番平等寺

f:id:mikkonokoto:20180116235128j:image
この後からどんどん雨が強くなってきました。次の薬王寺に間に合うか微妙でしたが、走ります。

 

16:30 23番薬王寺

f:id:mikkonokoto:20180116235531j:image

間に合いました。しかし、手先が冷えて限界だったので、ここで打ち止め。

 

この日はうみがめ荘という元国民宿舎だったお宿に素泊まりしました。天気が良かったら時期的にもオーシャンビューの部屋からウミガメの産卵が見られたようなのですが、あいにくの悪天候で何も起こりませんでした。

f:id:mikkonokoto:20180116235445j:image

部屋の眺めとお風呂は良かったのですが、トイレが共用だったこと、部屋がタバコ臭かったため、女子向きのお宿では無かったです…

 

ただ、宿で飼ってるうみがめは見られたので良しとします。

f:id:mikkonokoto:20180117000055j:image

 

そして宿のお風呂に入るときに気付いたのですが…

f:id:mikkonokoto:20180117000230j:image

曇っていてもしっかり日焼けしていました…日中全く気がつかずorz

この日は本当に天然ボケ炸裂でした。

 

本日の走行距離128km。

翌日からは高知県 室戸岬を目指します。

ニューヨークから帰国しようとしたら1300ドル儲かった話

この出来事は2015年9月のこと。 

ニューヨーク旅行を終え、ジョン・F・ケネディー空港から成田へ向かう正午発デルタ便に乗る予定でした。ニューヨークに行くのはこれが4回目だったので、マンハッタンからは地下鉄を乗り継いで移動。とはいえ、遅延されたら困るので、離陸の3時間前には出国審査を終えていました。

 

きっかけは1本のアナウンス

ジョン・F・ケネディー空港はターミナルが複数あり、デルタ便はターミナル4。楽しみにしていたカップケーキを食べていると1本のアナウンスが流れます。

「デルタ便はオーバーブッキングのため、ボランティアを募集しています。ご協力いただいた方には1300ドル分のギフトカードを差し上げます。」

1300ドル…当時は1ドル102円程度だったので、日本円に換算すると132,600円!とりあえず、グランドスタッフに条件を聞きました。

  • 振り替え便は同日6時間後発のANA便。
  • ギフトカードはドル建てだが種類がいくつかあり、日本でも使用可能。

 

デルタよりANAのほうがサービスが良いし、翌日も休みを取っていたので終電で帰れる時間であればへっちゃら。しかも、私のメインカードはANAなのでマイルも貯まる。その上、空港で6時間遊んでるだけで13万円もらえるって…何かからくりがあるのか??

 

念のため、グランドスタッフに再度それ以外の条件が無いのか確認。しかし、特に無く、むしろグランドスタッフさんたちも「なぜこんな条件が出ているのか、私たちも分かりません。普段は200ドル程度なのに、もう私が参加したいぐらい!」と興奮気味。

恐らくエントリーは2番目だったと思います。その後、ボランティア希望者はどんどん増え、途中から並ぶ人を追い払っていました。何とも珍しい光景w

 

名前を呼ばれなければ、1300ドルゲット

その後、搭乗手続きが始まり、ボランティアエントリーが出来た人は一か所に集められました。パッと見、20人ぐらいいたと思います。アナウンスで名前を呼ばれた人は落選を意味し、トボトボとデルタ便に搭乗していきます。刻一刻と出発時間が迫り、定時を5分過ぎた12:05…私の名前は呼ばれませんでした!あばよ、デルタ!!!

 f:id:mikkonokoto:20170604090449j:plain

その後の手続き

 

ギフトカードについての説明

 グランドスタッフから説明があり、自分のメールアドレスに指定したギフトカードの案内が来るとのこと。Amazonギフトカード等種類がいくつかあった中で、なるべくフレキシブルに使いたかった私はVISAカードのチャージタイプを選びました。

預け荷物

 コンテナから引っ張り出され、デルタサイドでANA便に載せ替える手はずを取るとのこと。ANA便が出るターミナル6まで手ぶらで移動出来たのも有難かったです。

ターミナル変更

レストランやショップが充実しているターミナル4と比較して、ターミナル6はかなりシンプル。早々に移動せず、ターミナル4で遊んでからターミナル6に行けばよかったと後悔しました。シェイクシャック、もう1回食べられたのになぁ~…

 

振り替えのANA便

さすが安定のANAさん。機内が寒すぎることもなく、機内食も美味しく、エンタメコンテンツも充実していて大満足でした。

 

ロストバゲッジ・キャリー破損

 成田に着いてハプニング発生。バゲッジクレームにいつまで経っても自分のキャリーケースが流れてきません。終電で自宅に帰りたいのに焦りは募ります。すると、ベルトコンベアーに「下記の方は地上係員にお申し付けください」のメッセージが。デルタ・ANA間で荷物の引き渡しが上手くいかなかったのか、生まれて初めてのロストバゲッジでしたw見つかり次第配送していただけることになり、成田空港から小さいバッグ1つで帰れたのは、ある意味ラッキーでした。

帰国3日後、キャリーは届いたのですが、一部破損(と言っても申告されなかったら気付かなかったレベル)があり、ANAさんが綺麗に修理してくれました。「壊れたのはデルタ便のコンテナからガッシガシと出す時だったのではないか…」と思ったのですが、ANAさんの善意に甘えさせていただきました。

 

肝心のギフトカード

 使用期限は1年以内だったと思います。登録画面が英語だったので少々戸惑いましたが、中学生英語レベルの私でも出来たのでご安心を。

Amazon・楽天では問題なく使用できましたが、ZOZO TOWN等では決済できませんでした。なので、日用品購入でコツコツ消費させていただきました。

この旅行は元々、HISの6日間で15万ぐらいのツアーだったので、ギフトカードで相殺した場合、約2万円の旅行となりました。安い、安すぎます!

 

そんなわけで、皆さんも機会があればぜひお試しください~。

そうだ、お遍路行こう⑤ いざ!お遍路ころがし

お遍路0日目はカブに慣れるために費やしましたが、いよいよ5月5日から回り始めます。

 

2016年は丙申でした

ちなみに私がお遍路をした2016年は60年に1度の丙申と閏年が被る年で順打ち(1番→88番)よりも逆打ち(88番→1番)で回ったほうがご利益3倍と言われておりました。しかしながら、ビギナーの逆打ちは看板等が分かりにくいらしく、日程がタイトだった私は順打ちで回ることにしました。

1日目から峠を攻める

前日宿泊したビジネスホテル鳴門を7:00過ぎに出発。本日はお遍路ころがしの異名を持つ12番 焼山寺までの攻略を目標とします。

 

7:40 1番札所 霊山寺

満を持して1番札所 霊山寺に到着です。

f:id:mikkonokoto:20170603202840j:plain

スタート地点ということで、お遍路用品をこちらで買いそろえることも可能でしたが、時間ロスを抑えるために私はネットで事前購入していきました。 

 

8:10 2番札所 極楽寺 

サクサク行きます。2番札所 極楽寺

f:id:mikkonokoto:20170603202948j:plain

立派な長寿杉が立っていました。

f:id:mikkonokoto:20170603203113j:plain

 

8:40 3番札所 金泉寺 

f:id:mikkonokoto:20170603203218j:plain

 

9:10 4番札所 大日寺
 f:id:mikkonokoto:20170603204015j:plain

紫陽花の名所らしい。しかし翌日、とんでもないミスを犯してこの風景を再度眺めることになります…

 

9:40 5番札所 地蔵寺

f:id:mikkonokoto:20170603204330j:plain

ここのUCC系の自動販売機がオリジナリティー溢れたラインナップ。コーヒーは徳島珈琲シリーズ。

f:id:mikkonokoto:20170603204437j:plain

そして一番気になったのが阿波踊り専用エナジードリンクAwa Rise!

f:id:mikkonokoto:20170603204543j:plain

思わず買いましたw味はゆず風味の炭酸ドリンク。さっぱりしていて飲みやすかったです。

 

10:05 6番札所 安楽寺

f:id:mikkonokoto:20170603204836j:plain

もみじのレイヤーが綺麗。秋に来たらもっと綺麗なんだろうな~。

f:id:mikkonokoto:20170603204936j:plain

 

10:20 7番札所 十楽寺 

f:id:mikkonokoto:20170603205045j:plain

 

10:45 8番札所 熊谷寺 

f:id:mikkonokoto:20170603205226j:plain

こちらのお寺には多宝塔という如来像を安置している塔があり、装飾が美しかったです。

f:id:mikkonokoto:20170603205337j:plain

 

11:30 9番札所 法輪寺 

f:id:mikkonokoto:20170603205505j:plain

こちらはグルコサミンが不足している方にはとっても辛い、階段だらけのお寺さん。さすがに汗だくになり、半袖でお参り。

f:id:mikkonokoto:20170603205604j:plain

しかし、このお寺を去ろうとしたとき、何かチクッとした感覚が…どうやら良くない虫に腕を刺されました。この日の夜まで違和感が残り、最終的にはかさぶたが出来る始末。虫に刺されやすい方は虫よけスプレーも持参されたほうがいいかもしれません。

 

12:10 10番札所 切幡寺 

f:id:mikkonokoto:20170603205718j:plain

 

ここでお昼スマホの充電を兼ねて、マクドナルドへ。正直朝ごはんをホテルで食べすぎた&バイクに乗っているだけなので、これで十分。

f:id:mikkonokoto:20170603205832j:plain

この時点で本日のノルマはあと2寺。しかし、焼山寺にどれだけ転がされるかの想像がつかず、iPhoneの充電が終わり次第、次のお寺に急ぎます。

 

13:40 11番 藤井寺 

住宅街の中にひっそり佇むお寺さんでした。

 f:id:mikkonokoto:20170603205918j:plain

 

 

15:20 12番 焼山寺 

 

本日のメインディッシュ、焼山寺には2通りのルートがあります。

①遠回りだけど比較的道幅が広く、整備された道路を通れるルート

②対向車がよけられないほど狭い国道ルート

藤井寺を出たのが14:00頃。日没までの時間もまだ余裕があるので、安全を取って往路は①のルートを選びました。道が広いので運転は怖くないです。

ただ、ここに来て初めて長めのトンネルに入ると…寒い!!!トンネルの中と外でかなりの温度差があることを知り、慌ててマウンテンパーカーを羽織りました。

 

駐車場からの景色はこんな感じ。直前の数キロは何とか2速で登り切りました。

f:id:mikkonokoto:20170603210022j:plain

「よ~きたな~」と言わんばかりの石像。

f:id:mikkonokoto:20170603210122j:plain

お大師さんもよくこんなところにお寺作ったな~…

f:id:mikkonokoto:20170603210219j:plain

 

さて、復路はせっかくなので②のルートを使おうと思います。

自然が綺麗だな~…

f:id:mikkonokoto:20170603210339j:plain

f:id:mikkonokoto:20170603210448j:plain

「どんどん道が狭くなるな~県道のはずだけど、道を間違えたかな?」と思い、GPSを確認。間違ってない…

f:id:mikkonokoto:20170603210546j:plain

私が想像していた県道の5分の1ぐらいのサイズでした。対向車来たらどうするんだろ、この道。笑

 

18:00 アクセス阿波

 f:id:mikkonokoto:20170603210643j:plain

本日はこれで打ち止め。じゃらんで事前に予約していたビジネスホテルのアクセス阿波に宿泊します。こちらはコインランドリー付きのお宿だったので、洗濯物が一気に片付いて助かりました。

 

また、ホテルの向かいがセブンイレブンだったので、晩御飯・朝御飯もセブンにお世話になりました。旅に出たからには美味しいものを食べたいのですが、予算的にずっと贅沢をするわけにもいかないので、メリハリをつけたつもりです。

 

1日目の走行距離は140km

焼山寺にはそれほど転がされた感は無かったです。天気が良かったので幸先の良いスタートでした。しかし、翌日から天気が崩れる予報だったので、21:00には就寝。 

そうだ、お遍路行こう④ 東京から徳島へ、カブとの遭遇

出発前日

 

前述したように、当時Girls hip hopのレッスンに通っていて、四国に旅立つ前日が発表会でした。発表会の打ち上げも早々に切り上げ、家に帰って出発準備をしました。

 

 

 

出発当日

電車で羽田空港まで1時間以内。12:45羽田発のANA283徳島行きに乗ります。お昼を羽田で食べようと少し早めに家を出たものの、GWでごった返す空港でサクッと食べられたのはフォー。

f:id:mikkonokoto:20170530001209j:plain

これからうどんもたくさん食べるつもりなのに、しょっぱなから麺類w

 

 

出張や帰省で年に5回ほど飛行機に乗りますが、珍しく窓際に座れました。 

f:id:mikkonokoto:20170530001339j:plain

ミレニアム・ファルコンもANAグループの機体扱いです。笑

f:id:mikkonokoto:20170530001528j:plain

 

10分遅れの14:10徳島着、空港からすでに阿波踊りで歓迎ムードです。空港からベストバイクさんまではバスで向かいます。大体1時間に1本程度だったと思うので、時間を余してしまった人は空港2階のラーメンストリートを楽しむのも◎

f:id:mikkonokoto:20170530001427j:plain

 

バスで20分、バス停から徒歩10分程度でベストバイク鳴門店に到着。天気が良かったので、10分歩いただけで汗だくでした。 

f:id:mikkonokoto:20170530001703j:plain

 

書類を記入し、予め予約していた荷台付きカブとカッパ上下をレンタル。こいつが相棒です。

f:id:mikkonokoto:20170530001819j:plain

 

優しい店長さんが原付指導員の資格もお持ちで、乗り方を教えてくれました。Youtubeでの予習の甲斐もあり、ギアチェンジにはすぐ慣れました…が、久々のバイク怖ぇぇぇぇーーー!

 

まぁそんなビビリは想定の範囲内。1日目はカブに慣れるために鳴門海峡見学と予約しておいたビジネスホテル鳴門さんへ行くことだけをタスクとしました。

カブに乗り始めた時点で16:00。その日の渦が見られる時間帯が16:40頃だったので、ビビりながらも鳴門海峡へダッシュし、なんとか渦の時間帯に到着。

f:id:mikkonokoto:20170530002014j:plain

いつもより多く巻いておりま~す。(海老一染之助・染太郎風)

 

あ、鳴門海峡に行く方はこんな感じの海沿いを走るので景色は綺麗ですが、横風に混じる砂がめちゃめちゃ痛いので長袖・長ズボンをオススメします。

f:id:mikkonokoto:20170530002133j:plain

 

18:00頃、ビジネスホテル鳴門さんに到着。GW期間中はお宿が取りにくいことを見込んで、2日目までのお宿はネットで予約しておきました。

晩御飯はホテルの方に教えていただいた「あそこ食堂」さんで四国初うどん。家族でやってらっしゃるアットホームなお食事処でした。

f:id:mikkonokoto:20170530002247j:plain

f:id:mikkonokoto:20170530002335j:plain

 

1日目はカブに慣れるのにいっぱいいっぱい&2日目からガッツリ回るため、この日は書き残していたお札を少し書いて、21:00頃就寝。明日から本気出すで!

そうだ、お遍路行こう③ いかに荷物を少なくするかの戦い・洋服も大事

女子は荷物が多い 

私は普段から比較的荷物が少ないタイプなのでまだ良いのですが、カブでの女子旅はいかに荷物を少なくするかの戦いです。今回は私の装備のご紹介。

 

まずはバッグを2つに分けよう 

カブの後部に追加レンタルで荷台を付けたものの、スクーター座席部分の収納力と比べるとたかが知れています。また、昼間のお遍路中に頻繁に必要な荷物と夜に宿でしか使わないものに分けてしまえば、頻繁に荷台を開ける必要もなく、時間短縮にもつながります。

 

荷台に入れっぱなしのボストンバッグは短期出張の時にも大活躍してくれているLONGCHAMPにしました。

 

そして、昼間ずっと持ち歩くのはOUTDOORのリュック。これも休みの日に普段から活躍してくれていたもの。リュックなら背負いながらバイクにも乗れますし、お寺でろうそくやお線香を出す時も両手が空くので楽です。

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドア プロダクツ) DAY PACK 452U FUCHSIA(PINK) 452U

OUTDOOR PRODUCTS(アウトドア プロダクツ) DAY PACK 452U FUCHSIA(PINK) 452U

 

 

旅行なんだからファッションも気にしたい! 

バッグの中身の話の前に、ボストンバッグの半分近くを取った衣類の話。いくら1人旅とはいえ、ファッションも気にします。

白衣を着ることも考えたのですが、バイク遍路は汚れやすいとのブログを見たことがあるのと、お遍路さんを逆手にとって男性から嫌なことをされたという方も居たようなので、潔く普段着で回ることにしました。

また、5月のお遍路とはいえ、1000m近い山道もあるので、体温管理を間違えると命取り。(いやマジで。)

 

アウター 

裏地がフリースのマウンテンパーカーを選びました。昔、高尾山に登るために買ったもので、チチカカで5,000円ぐらいだったと思います。表のナイロン生地と裏地のフリースが取り外せるので、体温管理にもってこいですし、↓みたいな色だったので、森の中でも熊に間違われる心配もありませんでしたw

 

 

長袖カーディガン 

バイカラーのアクリル生地の冬用カーディガン。程よく薄手で畳むとコンパクトだし、シワになりにくい。洗濯機で洗えるタイプだったので、ガンガン洗えるのも良かった。

 

インナー 

半袖Tシャツ(NIKEロゴの黒Tと無地の白T)を計2枚と長袖Tシャツ(ボーダー)を1枚持っていきました。

 

ボトム 

スキニータイプのボーイフレンドタイプのデニムをローテーションで履いていました。また、宿用に薄手のステテコを1枚持っていきました。

 

下着 

ゲストハウスに泊まる際やコインランドリーで他人様に見られたら恥ずかしいかも…と思い、ブラジャーはブラトップ3枚で代用しました。ブラトップなら上に何か羽織れば、宿でもウロウロできるのが助かった。また、おパンツもひらひら~な可愛いものは乾燥機にかけられず困ると思い、コットン地のシンプルなものを3枚でローテーションしていました。

 

靴下 

これも3枚でローテーション。

 

靴 

カブに乗る&山道を歩くので、一番履きなれたNIKEのスニーカーを履きっぱなし。ただ、宿周辺をウロウロする時やスニーカーに何かあった時のためにROXYのビーサンも忍ばせておきました。

 

ボストンバッグの中身 

 

ざーっと箇条書きしちゃいますね。

  • 着ていない衣類たち
  • 予備のハンカチ2枚
  • ヘアアイロン(激しいくせ毛のため、どうしても必要)
  • 1dayコンタクトレンズ×11枚(予備込)
  • トラベルサイズのシャンプー(足りなくなったらドラッグストアで買い足し)
  • トラベルサイズのスキンケア品(オールインワンタイプ)
  • メイクアップ品(SPF50の日焼け止め、肌色のフェイスパウダー、アイブロウペンシル、クリームチーク・リップ)
  • 折りたためるエコバッグ(コインランドリーの着替えを入れるのに便利)
  • 折りたたみ傘
  • バイク屋さんでレンタルしたカッパ
  • お賽銭の5円玉×176枚(本堂と大師堂が88か所分)
  • 納経のお礼100円玉×264枚(1寺300円が88か所分)
  • 自宅のカギ

これでほぼパンパン。昼間は鍵がかかるカブの荷台に入れっぱなしでした。

 

リュックの中身

 

こちらもざっと書き出します。

  • 納経帳
  • ろうそく
  • 線香
  • ライター
  • お札176枚(半分ぐらいは出発前に書いて、残りは宿で書いていました)
  • お寺用小銭入れ
  • お札用筆ペン
  • 普段使いのお財布
  • iPhone
  • iPhone充電器
  • ハンカチ
  • ティッシュ

あとはこれにヘルメットです。地図を持つことも検討したのですが、少しでも身軽になるためにAppleとGoogleに命を預けました。あとは何かあってもお金で解決するつもりで行きます。

 

さあ、荷物が揃ったらいよいよ出発です!